小笠原諸島の行き方 アクセスとフェリー船



トップ > 小笠原諸島のアクセス・フェリー

小笠原諸島の行き方 アクセスとフェリー船

小笠原諸島の行き方は2パターン

小笠原諸島へのアクセスは、船・フェリーしかありません。(※飛行機なし) フェリーは、小笠原諸島の父島に着きます。父島へのアクセスとして、2パターンのフェリー船があります。

1.おがさわら丸 (定期船)

父島のフェリー おがさわら丸

2.豪華客船・フェリー (観光シーズンのみ にっぽん丸など)

船旅専門の旅行代理店

 

※貨物船 共勝丸

※【父島⇔母島】 ははじま丸





1.父島のフェリー おがさわら丸 定期船

基本的に小笠原諸島へ行くには、父島のフェリーとして定期船「おがさわら丸」を利用します。おがさわら丸は、東京と父島を結ぶ唯一の定期客船フェリーとなります。東京から父島まで約1000km。6日1便、片道25時間30分かかります。

乗船場所

東京港竹芝客船ターミナル (地図・アクセス方法あり)
東京都港区海岸1-12-2 TEL 03-3433-1251

竹芝客船ターミナルまでのアクセス交通機関

電車なら
  ・ゆりかもめ:「竹芝」駅徒歩1分
  ・JR山手線・京浜東北線:「浜松町」駅歩8分
  ・都営浅草線・大江戸線:「大門」駅徒歩11分

乗り場案内は⇒小笠原海運の乗り場案内

 

乗船券チケットの購入

 

ご予約、お問い合わせは
船旅専門の旅行代理店

 

※自分で手配する場合は、

繁忙期以外なら、当日、直接東京港竹芝客船ターミナル窓口
(2等席以外なら予約が安心)

繁忙期(年末年始・ゴールデンウィーク・7月・8月の多客期)の予約は、予約開始の特定日があり、各期間中の一斉予約を受け付けています。予約開始日は小笠原海運にてご確認ください。

(その他、電話・コンビニ・旅行代理店・海運会社などで購入可)

 


2.豪華客船・フェリー 観光シーズンのみ

観光シーズン(年末年始、春休み、GWゴールデンウィーク、夏休み、お盆休み)には、豪華客船やフェリーでのツアーが組まれておりますので、定期船以外でも父島へアクセスが可能です。乗船場所は、東京だけでなく、横浜、神戸、名古屋などもあります。ただし、父島での滞在時間が短い(2日等)ので、船旅やフェリーを楽しむ方におすすめです。

 

詳しい日程、ご予約、お問い合わせは
船旅専門の旅行代理店

 



小笠原諸島のツアー情報

 


旅行者の体験談、口コミランクで人気のグアム格安ツアーの予約はこちらまで。バケーションはグアムで過ごしませんか。