2/23 父島求人 くつろぎの宿 てつ家 チーフスタッフ&ヘルパー募集 終了

2016 年 2 月 23 日 in 小笠原諸島の求人情報
  • tetuya01
  • tetuya02

小笠原諸島父島のくつろぎの宿 てつ家にて、(1)チーフスタッフ[契約社員]と(2)ヘルパーの募集。個室寮無料。

小笠原諸島父島 求人情報 てつ家 (1)チーフスタッフと(2)ヘルパーの募集

株式会社てつ家が運営する「くつろぎの宿 てつ家」は、街中から離れた静かな環境に建ち、絶品の島懐石料理と南国らしい開放的なお部屋造り、心温まるサービスが評判の島内でも人気の宿です。

てつ家からのPRコメント

弊社はお客様はもちろん、働く従業員の方々も楽しく、幸せになれる会社を目指しています。
自然溢れる環境で、私たちと一緒に多くのお客様に笑顔をお届けしませんか?

日本一の星空の海岸までは徒歩5分。海に!山に!と小笠原の自然を満喫したい!
そんな方々からのご応募をお待ちしております。

てつ家が求める人材はこんな方!

  • 人と接する仕事がしてみたい!
  • 自然が大好き!
  • 海が大好き!
  • 体を動かす(スポーツ)ことが大好き!
  • 食べることが大好き!

(1)チーフスタッフ[契約社員]募集

職種

チーフスタッフ(契約社員)※女性向け

業務内容

接客、配膳、客室清掃、各種事務作業など宿内業務全般

仕事内容

お客様の送迎、接客
朝・夕食時の接客、配膳、食器洗い
客室の清掃
伝票整理他、事務作業

勤務開始

平成28年3月下旬位から勤務可能な方

勤務期間

6か月以上勤務可能な方

応募資格

  • 年齢:18歳以上(35歳位まで)
  • 普通自動車運転免許(AT可)※お客様の送迎などがありますので、日頃より運転されている方が望まれます。
  • ワード・エクセルの基本操作が出来る方優遇
  • 日常会話程度の英会話ができる方優遇

勤務時間

週30時間程度

・おがさわら丸入港中(お客様滞在中)
 午前6時30分から11時頃
 午後5時30分から8時頃まで

・おがさわら丸出港中(お客様不在時)
 午前7時から11時頃

※繁閑の状況により勤務時間は変動する場合があります

お仕事の時間帯は、基本午前中と夕方なので、昼間はたっぷりと自分時間が過ごせます。

休日

週休一日
(おがさわら丸入港前日)
※状況により変更する場合があります

給与

月給13万円(昇給あり)

待遇

個室寮(テレビ、エアコン完備)無料
出勤日は食事つき
雇用保険完備
原付無料貸与
制服貸与


(2)ヘルパー募集

1カ月~2か月 ちょっと長期で小笠原を楽しみたい! そんな方におすすめです。

家賃、光熱費無料、食事もついて一日数時間のお仕事で小笠原ライフを存分に満喫してください。

職種

ヘルパー ※女性向け

業務内容

接客、配膳、客室清掃

仕事内容

朝・夕食時の接客、配膳、食器洗い
客室の清掃

勤務開始

平成28年5月下旬位から勤務可能な方

勤務期間

一カ月~二カ月程度

応募資格

  • 年齢:18歳以上(35歳位まで)
  • 普通自動車運転免許(AT可)※お客様の送迎などがありますので、日頃より運転されている方が望まれます。

勤務時間

一日4~5時間程度

・おがさわら丸入港中(お客様滞在中)
 午前7時00分から10時頃
 午後6時00分から8時頃まで

・おがさわら丸出港中(お客様不在時)
 午前7時から10時頃

※繁閑の状況により勤務時間は変動する場合があります

お仕事の時間帯は、基本午前中と夕方なので、昼間はたっぷりと自分時間が過ごせます。

休日

週休一日
(おがさわら丸入港前日)
※状況により変更する場合があります

給与

無し
※但し一日4時間を超える分については時給(950円)が発生します。

待遇

個室寮(テレビ、エアコン完備)無料
出勤日は食事つき
原付無料貸与
制服貸与
1カ月以上勤務の方、おがさわら丸片道船賃支給


応募方法(契約社員・ヘルパー共通)

お電話または、メールにて希望職種をご連絡の後、履歴書(必ずお写真を貼付してください)をお送り下さい。
履歴書はメール添付での送付でも結構です。

お問い合わせ

社名 株式会社てつ家
住所 〒100-2101
東京都小笠原村父島字北袋沢
HP http://www.tetuyabonin.com
TEL 04998-2-7725
(お問合せ時間 午前8時から11時頃まで)
FAX 050-3730-2098
メール
担当 中村
  • tetuya04
  • tetuya05
  • tetuya06
  • tetuya07

小笠原の求人情報は ⇒
小笠原諸島父島母島アルバイト・求人情報一覧

© Ogasawara Channel