10/9 硫黄島の遺骨収容強化 3年間集中実施

2011 年 10 月 9 日 in ニュース

政府は、硫黄島での戦没者遺骨収集活動を継続、強化する方針を固め、今後3年間を集中実施期間とする考え。


参考記事:2011/10/09 02:02 共同通信

政府、硫黄島の遺骨収容強化へ 3年間を集中実施期間

 政府は8日、太平洋戦争末期の激戦地・硫黄島(東京都小笠原村)で戦死した日本兵の遺骨収容事業を継続、強化する方針を固めた。東日本大震災や現地の渇水の影響で中断していた収容団の派遣を11月に再開。政府特命チームを存続させ、今後3年間を集中実施期間と位置付ける。予算や人員の態勢増強を図り、早期の遺骨帰還を実現させたい考えだ。

 硫黄島の遺骨収容事業は菅直人前首相が「国の責務」として昨年8月に特命チームを設置し、本格化させた。自民党を中心に推進を求める声も強く、野田佳彦首相には取り組み強化を打ち出すことで与野党協調ムードの醸成につなげたい狙いもあるとみられる。


関連リンク:
硫黄島の旅行ツアー・地図・映像などの総合情報サイト
硫黄島の地図/航空写真
関連ニュース:
硫黄島でも深刻な水不足 海上自衛隊一部撤収
2005年6月19日 硫黄島戦没者追悼式
2007年3月14日 硫黄島で日米合同慰霊式典
※2011年9月17日の硫黄島訪島事業は一般参加不可

© Ogasawara Channel