7/20 父島の漁船 2週間前から不明 捜索中

2018 年 7 月 20 日 in ニュース

小笠原諸島父島のマグロ漁船「福江丸」が、7/5に父島の南西およそ175kmで連絡を最後に今も連絡が取れないままで、海上保安庁などが捜索中。

参考資料

父島の漁船 2週間前から不明、捜索するも手がかりなし TBS NEWS 2018年07月20日0時58分

小笠原諸島の父島を出港し、56歳の船長が乗った漁船が2週間前から連絡が取れなくなっていて、海上保安庁などが捜索にあたりましたが、手がかりとなる情報は入っていない

参考資料

父島周辺海域における行方不明船舶の捜索に係る災害派遣について(最終報) 防衛省・自衛隊 2018年07月13日

父島周辺における行方不明船舶の捜索に係る災害派遣について(21時00分現在) 防衛省・自衛隊 2018年07月12日

父島周辺海域における行方不明船舶の捜索に係る災害派遣について(22時30分現在) 防衛省・自衛隊 2018年07月11日

父島周辺における行方不明船舶の捜索に係る災害派遣について(22時30分現在) 防衛省・自衛隊 2018年07月10日

父島周辺における行方不明船舶の捜索に係る災害派遣について(16時30分現在) 防衛省・自衛隊 2018年07月10日

父島周辺における行方不明船舶の捜索に係る災害派遣について facebook 防衛省 2018年07月13日

(お知らせ)
平成30年7月13日
防衛省

父島周辺海域における行方不明船舶の捜索に係る災害派遣について(最終報)
※数値等は速報値であり、今後変わることがある。
※下線部は、前回報告からの変更箇所

1.災害派遣の概要
(1)要請日時平成30年7月10日(火)14時30分
(2)要請元第三管区海上保安本部長
(3)要請先海上自衛隊第4航空群司令(厚木)
(4)要請の概要行方不明船舶の捜索
(5)発生場所父島周辺海域
(6)撤収要請日時平成30年7月13日(金)17時51分

2.災害派遣までの経緯
平成30年7月3日(火)に出港した漁船が、7月5日(木)の位置通報(硫黄島の北約130km)を最後に連絡が取れなくなり、海上保安庁により捜索するも発見に至らず。このため、10日(火)14時30分、第三管区海上保安本部長から海上自衛隊第4航空群司令に対して、行方不明船舶の捜索に係る災害派遣要請があった。

3.防衛省・自衛隊の対応
(1)活動部隊海自第4航空群(厚木)
(2)活動規模航空機1機(延べ5機)
(3)主な対応状況
【10日(火)】
14時30分第三管区海上保安本部長から第4航空群司令に対して、行方不明船舶の捜索に係る災害派遣要請。
15時23分第4航空群のP-1×1機が捜索活動のため航空基地を離陸。

【11日(水)】
06時22分第4航空群のP-1×1機が捜索活動のため航空基地を離陸。
11時57分第4航空群のP-1×1機が捜索活動のため航空基地を離陸。

【12日(木)】
07時56分第4航空群のP-1×1機が捜索活動のため航空基地を離陸。

【13日(金)】
07時52分第4航空群のP-1×1機が捜索活動のため航空基地を離陸。
17時51分第三管区海上保安本部長から撤収要請を受け、行方不明船舶捜索活動を終了。
※じ後の捜索は海上保安庁で対応可能となったため、撤収要請があったもの。


参考リンク

  • 海上保安庁の捜索救助活動の紹介
    平成12年8月12日、小笠原父島北北西約220キロから発せられた遭難信号を海上保安庁がキャッチし、直ちに巡視船・航空機 を発動し、航空機により発見。巡視船搭載ヘリコプターにて吊り上げ救助。ヨットB号は、海上保安庁が遭難信号をキャッチしてから約3時間後に海上保安庁の航空機により発見されている。

小笠原諸島ニュース

© Ogasawara Channel